マキアレイベルのファンデーションなら毛穴、シミもしっかりカバーできる!

薬用クリアエステヴェール

冬になると乾燥が気になりますよね。それとともに、毛穴も気になりませんか?

冬って意外と毛穴が目立つんですよね・・。でも、毛穴が目立つとどうにも気になって仕方がないですよね。そこで、今日は、毛穴をしっかりカバーしながら、潤いをキープできるファンデーションをご紹介します。

それは、マキアレイベルのファンデーション「薬用クリアエステヴェール」。2018年6月4日まで半額キャンペーンをしています。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールファンデーション

薬用クリアエステヴェールファンデーションは、なんと760万本も売れている大人気ファンデーションです。

なぜマキアレイベルのファンデーションなら毛穴、シミがしっかりカバーできるのか?

薬用クリアエステヴェール

マキアレイベルのファンデーション「薬用クリアエステヴェール」が、毛穴、しみをしっかりカバーできる秘密は、ファンデーションに配合されている3種類のパウダーにあるんです。

大小2種類のパウダーとツヤをもつ平版パウダーの両方が配合されていて、毛穴の肌表面をなめらかに整えてくれるんです。さらには、この3種類のパウダーが光の乱反射をおこして、肌に艶があるように見える効果が生まれるんです。

これらのことにより、毛穴やしみも自然な形でカバーすることができるのです!

さらには、美白成分のプラセンタも配合されているから、毛穴やシミをカバーしつつ、しっかりと美白ケアもできちゃうファンデーションなんです。

しかも、冬に気になる乾燥。ファンデーションをつけていると、より肌がカサカサして気になる。そんな方も多いのではないでしょうか?

そこで、マキアレイベルの薬用クリアエステヴェールファンデーションは、美容液成分が62%も配合しています。

ファンデーションなのに、62%も美容液成分が配合されているってすごいですよね。

カサカサが気になる乾燥にうれしいのが、保湿成分がたっぷりと配合されていること。

なんと5種類のコラーゲンと、3種類ものヒアルロン酸が配合されています。

だから、ファンデーションをつけている間も、カサカサ知らず・・。しっかりと肌が潤います。

実際使ってみて本当に毛穴が目立たないの?

薬用クリアエステヴェール

私はマキアレイベルのファンデーションを5本以上もうリピートしています。なぜそまで気に入っているのか?

その理由は

・化粧崩れしにくい

・使っていて重たくない、カサカサにならない

・薄づきなのにしっかり毛穴、しみをカバーしてくれる

・全5色から色が選べる

・SPF35、PA+++

・お値段が手ごろ

だからなんです。

とっても肌に伸ばしやすいので、不器用な面倒くさがり屋の私でも使いやすいです。

そして、何より、自然な仕上がりになるんですよ。ファンデーションつけたからといって、顔だけ浮いているような厚塗りは嫌いな私なのですが、マキアレイベルはナチュラルメイクが可能なんです。

薬用クリアエステヴェール

でも、しっかりしみや毛穴はカバーしてくれるんです。しかも、時間がたっても化粧崩れしにくいんですよ。

よくファンデーションを付けた直後は、すごい肌がきれいに見えるのに、時間が経ってみたら、化粧が崩れていて、「えっ!?すごい疲れているように見える?」そんな風に鏡を見て思ったことありませんか?

でも、マキアレイベルのファンデーションを付けた時は、数時間経ってから鏡を見た時に、「今日って肌がすごいきれいじゃない?肌の調子いいよね?」って思えるきれいさをキープできているんです。だから、私はとっても気に入っています。

2,000円以下で買えるって本当!?色交換保証までついてくる購入方法とは?

薬用クリアエステヴェール

薬用クリアエステヴェールはお値段もおっても手ごろなのがうれしいところ。

13ml入りで、通常価格 2,263円です。ですが、公式キャンペーンサイトから購入すると

・2,263円 → 1,980円(税抜き)

・全国送料無料

・保湿ジェルクリームのサンプル10包みプレゼント

・全5色のサンプル付き

・色交換オッケー(色交換については条件があるので、条件については公式キャンペーンサイトから確認下さい)

と、もりだくさんの特典がついてくるんです。

これでお値段が1,980円と驚きの価格です。しかも、公式キャンペーンなので、安心して注文できますね。

お得な特典満載での購入は下記公式キャンペーンサイトよりご覧ください。6月4日までなら半額という特別キャンペーンを開催中。

マキアレイベル 薬用クリアエステヴェールファンデーション

今日も皆さんにとって素敵な1日でありますように!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ