ファムズベビーの効果を写真で確認!アトピー性皮膚炎、赤ちゃんのおむつかぶれを改善という口コミは本当か!?

ファムズベビー

我が家にはアトピー性皮膚炎の息子がいます。生後5か月から食べ物アレルギーとアトピー性皮膚炎を発症。ずーっとステロイドを使っての治療していますが、なかなか治りません。

なんとか子供のアトピーを治したい!かゆみを抑えてあげたい!!そんな時に出会ったのが、赤ちゃんのおむつかぶれや湿疹、アトピー性皮膚炎などのトラブルを予防、改善してくれるという口コミで大評判のファムズベビー

≫≫【ファムズベビー】

ファムズベビーは病院でもらう薬とは違うので薬ではありません。皮膚に保護層を形成して皮膚を保護し、外からの刺激物をブロックしてくれるという新感覚のスキンケア商品です。

薬ではないので本当に効果があるのか?と半信半疑で使い始めたファムズベビー。しかし、使用初めて4日後には、肌にびっくりするほどの変化が!!想像以上の効果にただただびっくりしています。実際わが息子が使った効果を、ファムズベビー使用前後の肌の変化を写真で公開します。記事後半で紹介します。

肌の保護・保湿を同時にケアできる

ファムズベビー

ファムズベビーは成分が角層に浸透して保護膜を作ってくれ(保護バリア)、外からの肌のトラブルの原因となる刺激物をブロックしてくれるんです。

また、ファムズベビーは潤い、水分をしっかり閉じ込め、保湿対策もできるんです。

ファムズベビー

1回塗ると、なんと6-8時間その効果が持続!!!

長時間持続するから、塗る手間が少なくて楽なんです。

でも、水や汗で流れないの??

なんと、水で洗っても、汗をかいても、ふき取っても、長時間持続するんです。

なので、昼間でも作られた保護膜が流れ落ちる心配なし!!!

だから、汗っかきなので何回も塗る必要があるのでは?という心配も無用です。

6-8時間は効果が持続するってすごいですよね。

では、できた保護膜はどうやって落とせばいいの?

保護膜は新陳代謝で自然と剥がれ落ちてくるので、洗ってわざわざ落としたりする手間もありません。

保護膜を作るとどうしてアトピーから肌を守れるのか?

 保護膜が作られることによって、アレルゲンが肌から入ってくるのをブロックすることができるからなんです!!

 また、接触性のアレルギー(金属や花粉、卵、食べこぼし)からも事前に保護膜を作ることによってアレルギーの予防ができるんです。

ファムズベビー全成分はこちら

水、LPG、ステアリン酸、ジメチコン、グリセリン、PVP、TEA、セタノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)、 グリセリル、ラウレス-2、ラウレス-21、酢酸トコフェロール、フェノキシエタノール

香料不使用、パラベンフリーです。

2016年4月から国産品に変わり、パラベンフリーになりました。

国産になったことでより一層安心して使えるようになりました。

使い方は?テクスチャーは?

ファムズベビー

ファムズベビーの使い方はとっても簡単。

ムースタイプのスプレー缶に入っています。

よく振ってから立て向きにプッシュ。すると、泡泡がプシューっとでてきます。

ファムズベビー

ファムズベビーは泡タイプの商品。無香料で、匂いは特にありませんので、小さい子も安心して使えます。この泡。すごいんです。

すごいしっかりした泡で、これを手に付けてさかさまにしても泡が崩れないんです。

泡をお手玉のように投げるのまでできちゃうんです。

その泡をつけたいところにつけます。やさしくすりこむだけ、それだけでいいんです。

しかも1回つけると、効果が6-8時間持続しちゃいます。だから、頻繁に塗る必要がないのがいいですね。

使用頻度は朝と晩の1日2回の使用がお勧めです。

我が家はお風呂に入った後と、朝起きてから塗っています。

テクスチャーはというと、つけた時は泡だからふわっふわ。

でも、すりこんでしまうと、とってもさらさらしていて気持ちがいいそうです。

我が子はワセリンやヒルロイドやステロイドといったクリームをベトつくからといって寝る前につけるのをすごい嫌がるんです。

ワセリンが嫌いで保湿剤が使えない。そんなお子さんにも使えるのがファムズベビーです。

ファムズベビーならべとべとしなくて、気持ちがいいということで、息子は大喜びしてつけています。

母子手帳の副読本にも協賛、メディア雑誌にも掲載

ファムズベビー

ファムズベビーは母子健康手帳の副読本に協賛しており、ますます人気が出てきています。

他にも多数の雑誌やイベントで紹介され、ますます注目度がアップ!

赤ちゃんやお子さんのアトピー予防に、おむつかぶれ予防、あせも予防としてはもちろんのこと、お母さんが金属アレルギー予防や靴擦れ予防に使うことができます。

さらに、大人が、化粧をする前に、化粧下地としてファムズベビーを使うと、美肌になれちゃうという効果まであるんです。

そう、ファムズベビーは、大人も子供も使えるんです。

ファムズベビー使用してアトピーっ子に本当に効果があったのか?使用前後の肌の変化を写真付きで口コミ

ファムズベビーを実際に息子の足のひざの後ろの肌の状態を日数による変化とともにご覧ください。

ファムズベビー使用前

初日・・・・ステロイド、ヒルロイド軟膏を塗っていてやっと治ってもここまでです。ここからはいつも、さらに悪化、やっとここまで改善の行ったり来たりを繰り返します。

ファムズベビー

 

2日後・・・・かゆくてかきむしるために、毎回出きている無数の傷が消えてなくなっています。また、この季節に悩ませる汗疹できていません。

傷跡は残っていますが、かさぶたがなくなった状態になった肌を見るのは久しぶりです。         

ファムズベビー使用後

4日後・・・・びっくりするくらいに肌がきれいになっています。息子曰く、かゆみがなくなってかかなくなったとのこと。こんなきれいな息子の足のひざ裏はみたことなく、上の子も弟の足の様子をみて、「すごい!すごい!!」と手をたたいて喜んでいます。

ファムズベビー

2週間後・・・・・ステロイド剤を全く使わずここまでファムズベビーだけできれいになれました。長年の肌荒れで傷跡は残っていますが、この暑い夏に、汗疹がないなく、肌がぐじゅぐじゅにならないなんて驚くべきうれしい結果です。

アトピー皮膚炎の子供にとって脱ステロイドはなかなか難しく、ほぼ常時ステロイドを使う状態になっていました。が、今回ステロイドは一切使わず、ファムズベビー使用だけでここまで肌が正常に近い状態になったのは驚きで、本当にうれしくて仕方ありません。

我が家のようにアトピー性皮膚炎やアレルギーに悩んでいる人が少しでもよくなってくれること願っています。

ついでに、参考までに息子のアレルギーについて書くと、

我が子はダニ、ホコリ+食べ物アレルギー(除去食材・・キウイ、魚)などがあります。

ダニ、ホコリアレルギーについては、6段階評価で一番悪い評価になっています。

そんな、息子にはファムズベビーがとってもあっていたようです。

夏のあせも予防にも抜群の効果も息子には実感できています。

ただ、ファムズベビーはお薬ではなく、外の刺激から肌をまもる保護材なので、もしステロイドと併用して使うという方は、ステロイドを塗った後に、ファムズベビーを使って下さいね。ファムズベビーを先に塗ってしまうとお薬が浸透しなくなってしまう可能性があるので・・・・

ファムズベビーの取扱店はどこ?返金保証付きで購入できる

ファムズベビー

ファムズベビーは残念ながらチェーン店系のドラックストアやスーパーなどには売っていません。

聖路加病院内にある聖路加調剤薬局や、調剤薬局グループの紅白薬業協同組合で取り扱われています。

でも、私のように近くに売っている実店舗がないという方もいらっしゃるかと思います。そういう方は、通信販売で買うと便利です。ネットでは、楽天やアマゾンでは売ってないのです。正規店が以外の購入で偽物を買わないように注意くださいね。

でも、ファムズベビーは公式通販ショップから全国どこからでも購入することができるから便利です。

値段は

ファムズベビー1本(85g)通常価格 2,592円で購入できます。

単品購入ももちろんできますが、確実に忘れることなく手に入れたい方は定期便がお勧め。ファムズベビー大量害する人がいて、在庫切れすることがあるんですよ。しかも、定期便なら初回返金保証がついているんです。

定期便だと 1本 2,592円 + 送料無料 + 初回28日間全額返金保証付がついているんです。

保証条件に付いてはご確認ください。

また、まとめ買いもお得!

5本まとめ買いすると、1本無料でプレゼントしてもらえます。自宅用にまとめ買いしてもいいし、ママ友同士で一緒に購入してもいいですね。

赤ちゃんのおむつかぶれから汗疹、子供や大人のアトピー性皮膚炎まで予防してくれる皮膚保護剤ファムズベビー。我が家のようにアトピー性皮膚炎などの肌荒れに悩んでいる方が少しでも悩みから解放されることを願っています。

≫≫【ファムズベビー】

*ただいま注文が殺到しているため、2017年5月1日0時の注文分より予約注文となり、6月の出荷になるそうです。4月30日23時59分までの注文分については、通常通りに配送してもらえるそうなので、早く商品をゲットしたい方は、4月30日までにチェックをしたほうがよさそうです。少しでも皆様の肌がきれいになりますように!! 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ