話題の女性用育毛剤「Kenomikaケノミカ」を実際に使ってみた!

Kenomikaケノミカ女性用育毛剤

他人になかなか相談しにくい女性の育毛、薄毛、脱毛の悩み。そんな、薄毛などの髪の悩みに、今話題の女性用育毛剤があるって知っていますか?

なんと、世界が認めた育毛理論に基づいて作られた女性用の育毛剤なんです。そこで、今日は、その話題の育毛剤を私も使ってみたので、ご紹介します。それは、健やか総本舗亀山堂の「Kenomika ケノミカ」。

【Kenomika】ケノミカ

ケノミカはなんと今なら初回62%オフキャンペーンを実施しているのでお得に始められるのもうれしいんです。

Kenomikaは世界が認めた技術が開発された育毛剤だから、満足感が違う!

Kenomikaケノミカ

Kenomikaケノミカ育毛剤のすごさは、 他の育毛剤とは違った、世界が認めた育毛理論を取り入れていることにあるんです。

ケノミカ育毛剤では、世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞した技術を取り入れた育毛剤なんです。

では、その世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞した育毛理論とは何なんでしょうか?

それは、加水分解酵母エキスにより、毛乳頭細胞を刺激することにより、繊毛を約1.6倍も成長させるという理論なんです。すると、繊毛により発毛シグナルが300%アップして、育毛の促進をサポートしてくれるんです。

そこでケミカル育毛剤には、加水分解酵母エキス成分をしっかり配合しているんです。

全成分は?

ケノミカ

医薬部外品です。

ノンアルコール、防腐剤不使用、無香料です。

Kenomikaのお届けから使用感、効果を知りたい!

Kenomikaケノミカ

女性用育毛剤Keonomikaケノミカは、こんなギフトにもぴったりな高級感のある紙箱に入ってきます。

Kenomika

中を開けると、ちょっとリッチ感がある感じに商品が入っています。

ケノミカ

商品と一緒にケノミカの使い方が書いてある冊子や亀山堂ご利用ノートブックなども一緒に入っています。

Kenomikaケノミカ

入れ物は黒が貴重な容器に入っています。箱に明記されている商品名は「ヘアケアローション」。育毛剤と書いてないところに、心配りが感じられます。容器の裏面にはヘアケアローションと書いてありますが、目立つ、表には「Lotion」と書いてあります。こういうのって、女性にとってはうれしいですよね。やはり育毛剤と書いてあるのを、人に見られたくないので・・・・・。Kenomikaなら人に見られてもローションだと思われるから、安心して化粧台においておけます。

p1280020

スプレータイプの容器に入っています。

 

ケノミカ

スプレータイプなので、ローションは細かく出てくるのですが、あえて、手にどんな色か分かるように出してみました。すると、ほぼ無色透明のような色のようです。

匂いについては、私は気になる匂いを感じられなかったのでほぼ無臭のようです。

ローションタイプなので、とっても使いやすいです。朝晩各1回ずつ利用するのがオススメです。

ケノミカ

Kenomikaは、医薬部外品なので、効果もしっかりと容器に明記されています。育毛や薄毛、フケなどにも効果があります。

また、ケノミカは、女性用育毛剤といっても、実は男の人でも効果があるそうなんです。だから、我が家は旦那と一緒に使っています。男女共用できるので、家族、カップルや夫婦などでも使えちゃいますよ。

そして、一番肝心の効果が、どのくらい使うと感じられるか?ですが、一番多くの方が効果が感じているのは3か月後。やはりしっかりと継続して使用することが大事です。

最安値で購入したい!一番お得な購入方法は?

ケノミカ

Kenoimkaケノミカ育毛剤は、1本 120ml入りです。使用量の目安ですが、1日2回、各10プッシュで約1か月分使えます。

お値段は通常価格 7,980円です。

が、3か月継続すると多くの方が効果を実感しているケノミカなので、毎月届くコースを利用するととってもお得です。

なんと7,980円 → 初回 約62%オフ 2,980円(税別)

で購入できちゃうんです。2回目以降も20%オフで購入できます。もっといっぱいお得に買いたいという方は2本まとめコースもありますよ。定期コースでも、2回目以降、決められた期日までにキャンセルの連絡をするとキャンセルが可能です。

世界が認めた育毛理論技術に基づいて作られた育毛剤「Kenomika ケノミカ」。定期コースを利用すると初回62%オフとお得に購入できます。90日間の返金保証もついています。

商品の詳細等については下記公式サイトよりご確認ください。

【Kenomika】ケノミカ

今日も素敵な1日をお過ごしください!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ